ニキビ跡治療のよくあるご質問

ニキビ跡治療のよくあるご質問

よくあるご質問

Q

ニキビ治療であれば跡は残らないですか?

A

ニキビ治療の相談で来院される患者さまからの質問で多いのが、気になるニキビ跡が残らないかどうかです。当院では何種類かのピーリングと再生療法を組み合わせてニキビ治療を行います。この特徴はニキビ跡を解消するだけでなく、肌質を改善する効果が期待できる事です。自宅で可能なスキンケアのアドバイスを患者さまに行う事で、ニキビ治療のサポートをしています。間違った肌の手入れや生活習慣を見直すのが大事です。初期の軽い症状からかなり重いニキビ跡までその方に適したニキビ治療を提案しています。赤みがある程度の初期のものからクレーター状のニキビ跡まで皮膚の再生治療やスキンケアなどを総合的にアドバイスする事で患者さまに対応しているのです。

Q

何でニキビ跡ができるの?

A

ニキビ跡にはいくつか種類がありますが、一番多いのは赤みのあるニキビ跡が残ることです。この原因は、皮膚の内部でまだ炎症が残っているせいです。ニキビはただの感染症というわけではなく、アクネ菌が放出する菌体に対して必要以上に炎症反応が起こったものです。その炎症を引き起こした細胞がサイトカインや蛋白分解酵素を放出して、それがまだ残っている状態なので赤みがいつまで経っても消えません。さらに細胞を修復するために血管が開いており、赤く見えることも原因の一つです。その修復作業が完了すれば、赤みのあるニキビ跡も自然と消えていくので何の心配もいりません。クレーター状の凸凹したニキビ跡が残った時は、自然に治ることはありませんので治療をする場合は渋谷フェミークリニックまでご相談ください。

Q

全てのニキビ跡は綺麗に消せるの?

A

できてしまったニキビを、つい潰してしまい跡が残って後悔しているという方も意外と多いと思います。一度できてしまったニキビ跡は、消すことは不可能なのでしょうか。
全てのニキビ跡を必ず消せるというわけではありませんが、治療を続けることで跡を消したり薄くしたりすることは実は可能です。肌の再生力を高めれば、きれいに跡を消すことができるのです。
まずは、皮膚科に相談するのが一番です。当院はニキビ跡の治療症例が豊富でたくさんのニキビ跡を治してきましたので、安心してご相談ください。

Q

治療に痛みはありますか?痛みを防ぐ方法がありますか?

A

ニキビができた時にその跡が残ってしまうことがよくあり、跡が残ると見栄えを悪くすることもあります。そのためニキビ跡を目立たないようにする治療を希望される方がいます。
ニキビ跡治療で心配されることは痛みが存在するのかという点で、それが治療を受けるのに抵抗を持つ人もおります。例えば輪ゴムを弾いて肌に押し当てたような痛みと表現されます。

渋谷フェミークリニックのニキビ跡治療の方法には、ケミカルピーリング・フォトSR・レーザートーニングなどいくつも方法が存在します。症状や患者さまの肌に合わせた治療が可能です。

Q

潰してしまった跡でも治療できますか?

A

ニキビを潰してしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。ニキビは基本的には潰さずにそのままにしておく方が良いのですが、潰してしまった方が治りが早い場合もありますがそれは専門の医師の判断で行った場合です。医師に相談せずに自己判断で潰したことにより炎症を起こしニキビ跡になってしまうことも少なくありません。
潰してしまった後からでも治療を行うことはできますが、治りが遅くなってしまうことも多い為、なるべくその前に受診することをおすすめしています。また、ニキビ跡の部分に関しても治療を行うことはできますが、時間が掛かることも少なくありません。まずは一度どのような処置があるのかを相談してみてください。

Q

跡を残さないようにするために気をつけることはありますか?

A

ニキビ跡を残さないためには何といってもニキビを悪化させないことです。初期段階の白ニキビなら優しく薬をつけるだけでも治ることが多いです。

しかし、赤ニキビになってしまうと注意が必要です。悪化させないためには、ニキビの餌になりやすいオイルでクレンジングを避けたり、洗顔の際に汚れや石鹸が残らないようにしっかりすすいだり、抗炎症作用に優れたスキンケア用品を使ったり、ニキビを避けてメイクをする必要があります。

自分では念入りにニキビをケアしたつもりでもニキビ跡が残ってしまう場合もあります。そんなときは渋谷フェミークリニックにご相談ください。専門的な知識を持つ医師がアドバイスをさせていただきます。

無料メール相談 無料カウンセリング予約
TOP