0120-3888-76

診察時間:11:00~20:00

※年末年始を除き無休

無料診察・カウンセリング予約

ニキビの種類

TYPE

ニキビ跡の種類と対処や治療法

ニキビは思春期だけでなく、成人になっても遭遇することの多い肌トラブルの一種です。身近な肌トラブルでありながらも間違った対処法をとることで、色素沈着したりクレーター状の瘢痕を残すなどのニキビ跡を残すことは珍しくありません。ニキビの種類によって適切な治療方法を実践しないと、生涯にわたって悩まされることになります。後悔することのないように、ニキビが跡を残さないようにするケアや、跡になってしまったときの対処法などを考えてみましょう。

ニキビ跡が出来る原因

ニキビは多数発生しても跡も残さずに治癒する場合もあれば、数個であっても目立つ瘢痕を残す場合もあります。ニキビになっても跡を残すか否かは、炎症とその度合いに左右される部分が大きいとされています。炎症に発展していない、見た目が白い状態や黒い状態の段階で治療すれば跡は残ることはありません。尤もこの段階でも不用意にニキビを潰したりすると、組織が破壊されるので跡が残るリスクは存在しています。

ところが原因菌のアクネ菌が繁殖して、炎症が発生する段階に移行するとニキビ跡が残るリスクは飛躍的に高くなります。炎症を起こすと赤みを帯びてきたり、膿を含むようになるので黄色い外見になったりする傾向があります。さらに炎症が進行すると血液を含んだ膿が溜まるので紫色に変化する場合も珍しくありません。

このようなニキビ跡が残る原因には、皮膚の構造と炎症の程度が関係しています。皮膚の外側の表皮では活発な細胞分裂が行われているので、ダメージを受けても速やかに回復します。ところが表皮の下の真皮層や皮下組織にまで炎症などが波及すると、繊維化という現象が起きてしこりを形成したり、潰すなどの行為で皮下組織がダメージを受けるとクレーターになったり凸凹が発生するなどのニキビ跡が残ることになるわけです。

ニキビ跡の種類や特徴

一言にニキビ跡といっても種類があります。まずニキビが存在している部分やその周辺で赤みが観察されることがあります。

これは炎症が起きた際に周辺の組織が傷つくと、修復するために周辺から毛細血管が増加してきます。血液には色素をもった赤血球が豊富に含まれているので毛細血管が集まることで、赤みを帯びたニキビ跡が残る場合があります。また潰す行為で毛細血管が出血し、赤みを帯びた跡になっていることもあります。

ニキビが治癒してもシミやくすみとして残るニキビ跡は、色素沈着が関係している場合も多く観察されます。ニキビの炎症で皮膚が損傷すると、メラノサイト細胞が保護するためにメラニン色素を大量に分泌します。表皮のメラニン色素は新陳代謝で排出されますが、真皮層にまでダメージが波及するとこの機序が機能するのは困難です。炎症が深刻で真皮層にまでメラニン色素が入り込んでしまうと、長期間色素沈着が残る可能性が高くなる訳です。

特に炎症が重症化すると、アクネ菌による細胞破壊は深刻になり、周囲の組織にも炎症などが波及することがあります。真皮層や皮下組織にまで炎症や破壊がおよぶと、クレーターを形成するなどの深刻なニキビ跡を残すことも珍しくありません。程度が酷くなるほど治療も難しくなります。

ニキビ跡の対処法や治療方法

ニキビはホルモンバランスの乱れや偏った食習慣や睡眠不足などが原因で発生するので、誰でも発生するリスクをかかえています。ニキビが出来てしまったときの注意点は、自己流のケアをしないで正しい跡を残さないで治癒させることにあります。 しかし出来てしまった場合でも、種類によって適切なケアをとることで改善させることも可能です。まず赤みを帯びているときは、炎症が治まっていない状況を示唆しています。そこで炎症を鎮静化させる作用をもつビタミンC誘導体を含んだ化粧水でケアするのが対処法になります。

シミやくすみなどの色素沈着が残ってしまっている場合には、美白成分を含んだ化粧水がおすすめです。アルブチンやビタミンC誘導体などが代表的な美白成分で、メラニン色素を排出する作用を促進することが期待できます。クリームは油分が多く毛穴詰まりの悪化要因にもなるので、化粧水が効果的です。

浅いクレーターが形成されている場合は、フルーツ酸などを含んだピーリング剤が有効なことがあります。フルーツ酸には古い角質などを取り除き、表皮の新陳代謝を活性化させる作用をもっているので、浅いクレーター状の跡ならば改善を期待できます。しかし深いクレーターになるとご家庭での対処法には限界があるので、医師による治療を受けるのが賢明と言えます。

まとめ

ニキビは頻繁に遭遇する肌トラブルだけに、ニキビ跡になってしまう場合があります。原因菌のアクネ菌が炎症を起こすことで、皮膚組織に程度の差はあれダメージをあたえることが原因です。ニキビ跡には赤みや色素沈着など幾つかの種類がありますが、それぞれのコンディションにあわせて対処法を考える必要があります。有効なものにはビタミンC誘導体などを配合した化粧水やピーリング剤などを挙げることが出来ます。しかし肌荒れしたり、深いクレーター状のニキビ跡には医師による治療を受けるほうがより適切な処置を行うことができます。

フェミークリニック渋谷院では患者さまのお肌にあわせた治療を心がけています。自己判断で対処をする前に一度ご相談ください。

お問い合わせ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内

関東エリア

関西エリア