0120-3888-76

月~土/10:30~20:00

日・祝/10:30~19:00

無料診察・カウンセリング予約

ワキ脱毛

ARM-PIT

ワキ脱毛にはこんなにも注意点があった!

ワキ脱毛をすると、ノースリーブでも堂々と肌を見せられるようになります。そんな肌になるためにクリニックや脱毛サロンへ通ったり、自己処理を毎日している方も多いでしょう。脱毛をする場合、注意点を守らなければ肌トラブルを起こしたり、効果を感じられなくなってしまう原因になります。肌トラブルを防いで脱毛当日に施術が受けられないという状況にならないために、しっかりと注意点を守ることが大切です。

施術前にしてはいけないこととは?

サロンでワキ脱毛する当日だけでなく、数日前から前日にかけてもさまざまな注意点があります。 まず、ワックスや毛抜きでの自己処理は厳禁です。効果が出にくくなるうえに、肌トラブルを起こす可能性が高くなってしまいます。また、毛抜きでの自己処理もNGです。埋没毛や色素沈着などになりやすいので毛抜きでの処理は避けるようにしましょう。

次に、サロンで使用する機器は黒色に反応するようになっていますので、日焼けをすると脱毛することができません。痛みが増す、光が分散することにより脱毛効果を得にくくなるといったケースがあるためです。日焼け直後で赤くなった肌も、脱毛不可です。軽いやけどのような状態の肌に光を当てると熱がこもり、炎症を起こすなど悪化の危険性があります。

さらに、風邪薬や花粉症の薬、うつ病の薬などの服用もしてはいけないことになっています。なぜなら薬の服用により、健康障害や肌トラブルが起こる可能性があるからです。薬を服用しているか確認された場合は、必ず正直に答えるようにしてください。時間により服用可能な薬などもありますので、事前にクリニックやサロンへ確認しておくとよいでしょう。インフルエンザなどの予防接種は、2週間前までに終わらせとおくと体調を崩しにくくなります。

足のレーザー脱毛

打ちもれを防ぐためにも、足へのレーザー照射の際には少しだけヒザの向きを変えさせていただいたり、曲げていただいたりします。 また、痛みや火傷を最大限に配慮しながら、照射レベルも患者様に合わせて調節して丁寧に照射を行います。

これら全ての対応はスタッフが行います。 患者さまにはご負担をかけることはありませんので、ゆっくりとおくつろぎください。

生理中や妊娠中にも脱毛はできる?

生理中や妊娠中に脱毛が可能なのか、疑問に思っている方も多いでしょう。生理中や妊娠中の脱毛は基本的にはできません。

ただし、生理中の脱毛の場合は部位や脱毛サロンの判断によってはできることがあります。VIOラインなどとてもデリケートな部分以外であれば受けられることもありますが、脱毛効果が得られにくく体調を崩しやすい時期でもあるため、生理中は避けた方がよいでしょう。また、生理中は肌が敏感になるため、痛みを感じやすくなり肌トラブルが起こりやすい状態です。ワキ脱毛はまとまったお金が必要となりますので、効果が出やすい時期に通った方がムダになりません。

妊娠中に脱毛ができない理由は、ホルモンバランスが変化するため脱毛効果が出にくくなるからです。妊娠中だと機器が胎児に悪影響を与えるためと思ってしまうかもしれませんが、レーザーや光の波長は安全なものを使用しているため、胎児に影響はないといわれています。 妊娠中はワキ脱毛であっても無理な姿勢を取ったり、長時間同じ姿勢でいなければならないことがあります。それが原因でめまいや吐き気などの体調不良を起こしたり、脱毛時の痛みによって子宮が収縮し、陣痛を誘発させる場合もあるといわれます。またトラブルが起きても薬の服用が制限されてしまうため、妊娠中の脱毛はできないとされているのです。

日脱毛当日や脱毛後にも注意点があるの?

ワキ脱毛当日や脱毛後にも、注意点がたくさんあります。 まず、当日は制汗剤やクリーム系・オイル系の保湿剤や日焼け止めを使用すると、毛穴に詰まって効果が得られにくくなる場合があるため使用は避けましょう。脱毛前と同じく飲酒やシェービングもいけません。飲酒によって痒みが出たり、シェービングによる肌トラブルが起こりやすくなるので、シェービングは前日までには終わらせてください。

脱毛後はクールダウンが必要なため、入浴やエステ、サウナなど血行をよくするようなことは避けることが基本です。サウナや温泉など不特定多数の人が利用する施設は雑菌などが多く、痒みや炎症、化膿を引き起こす原因となることがあります。このような施設の利用は、脱毛後1週間は避けるようにしましょう。また、激しい運動や日焼けも身体が温まるため注意が必要です。痒みを起こしたり、炎症や色素沈着などの肌トラブルの原因にもなります。

施術前と同様に副作用が現れることがあるため、予防接種も基本的には避けましょう。体調を崩しやすくなるため、予防接種をするなら脱毛から10日以上経ってからにしましょう。

保湿クリームや制汗剤などの使用は毛穴を塞いでしまい炎症を起こしたり、次回の脱毛に影響を及ぼすことがあります。使用するときは脱毛から24時間以上あけて使用してください。

まとめ

施術前後や当日に注意しなければならないことは、まだまだたくさんあります。基本的には、肌にとって刺激になることや血行がよくなること、そして生理中や妊娠中を避けることが大切です。 このくらいなら平気だろうと勝手に自己判断すると、思わぬトラブルが起こるかもしれません。そのようなことにならないために、クリニックやサロンでの注意事項はしっかりと守るようにしましょう。