0120-3888-76

診察時間:11:00~20:00

※年末年始を除き無休

無料診察・カウンセリング予約

日焼け肌

日焼けの人が脱毛をする場合

脱毛には無駄な毛が無くなって見た目が良くなる、衛生的になるなどいくつものメリットがあります。しかし、脱毛方法によっては日焼け肌の人は施術を受けられない場合があります。 フェミークリニック渋谷院では豊富な実績を元に、患者さまにひとりひとりにあわせた脱毛を実施します。お気軽にカウンセリングにてご相談ください。

日焼け肌の人が受けられない脱毛の種類

多くのエステ脱毛や医療脱毛で主流となっているのは、レーザーを使用したものです。サロンで扱われているタイプは光脱毛と言い、資格が無くても問題無い強さなので抜けた毛はいずれ生えてきます。それよりも強力なレーザーは医療資格が必要となり、医療脱毛では永久脱毛も不可能ではありません。

光脱毛も医療レーザーも両方とも毛のメラニン色素に反応させて熱を起こし、毛が生える仕組みを破壊する仕組みを持っています。そして日焼け肌の素となっているのが同じメラニン色素だということが問題です。高出力のレーザー効果が肌にストレートに伝わることになってしまいます。

比較的肌が白い人でも、部位や肌の状況によって一時的にヤケドのような症状が出ることや、痛みを感じることがあります。 その為、日焼けしているだけで施術を受けることさえ断られる場合もあります。

また日焼け肌と似たような状態にあるのが地黒の人です。厳密には異なる状態ですが、メラニン色素によって黒くなっている点が共通しています。つまり施術を受けるための条件はほぼ同じです。脱毛は一般的に1年以上かかるものなので、途中で日焼けをしてレーザーの照射ができなくなると、中断しなければならないこともあります。

肌の色が関係しないレーザー

脱毛レーザーも技術が発展してきて、日焼け肌の人でも問題なく受けられるタイプが出てきています。代表的なYAGレーザーは肌の表面を通り抜けて、毛の根元部分に働きかける性質があります。日焼け肌の人はメラニン色素が表面に多く集中しているので、影響を受けにくいというわけです。身体の部位によっても色が違うことがありますが、それもまたメラニン色素の影響です。したがってワキやデリケートゾーンに強いので、フェミークリニック渋谷院渋谷院でもYAGレーザーを導入しております。

またYAGレーザーとは別のアプローチで、毛全体に影響するのではなく、特定の部位にだけ反応するタイプもあります。対象となるのはバルジ体や毛包など様々ですが、その部分だけを破壊すれば脱毛効果が出るというのが分かって、製品化されたのは比較的最近のことです。メラニン色素が関係してこないため、もちろん肌が黒い方でも大丈夫です。

ただこれらのレーザーの影響が肌に対して全く無いわけではありません。特に日焼け直後はすでにダメージを受けていて肌が弱っている状態です。そこにレーザーのダメージを受けることになるため、注意しなければなりません。その点は施術を受ける前にご相談ください。

物理的に破壊するニードル脱毛

日焼け肌の人は脱毛を諦めなければならないのかというと、そうではありません。レーザーが主流ではありますが、脱毛方法には他の手段もあるからです。そのひとつがニードル脱毛というタイプで、名前の通り細い針を使用します。電気針を毛穴に直接入り込ませて、電流が毛根にある毛を生やす仕組みを破壊して脱毛します。レーザーのように肌に当たる要素も無い上に毛穴ひとつずつに対処していくため、メラニン色素は全く関係ありません。脱毛がメジャーになる前の時代はこのニードル脱毛が主流で、1本当たりあるいは時間単位で料金が決められていました。

しかし、ニードル脱毛は痛みが強いため、後続のレーザーや光に押されて主流ではなくなりつつあります。

料金はクリニックごとに多少異なりますが、レーザー脱毛ではなくニードル脱毛を選んだからと言って、格段に高くなるものでもありませんがそれよりもネックなのは痛みです。肌に針を刺すのでもちろんそれ相応の痛みを伴います。

当院では針脱毛は行っておりませんので脱毛期間中はできるだけ紫外線を避けて、日に焼けないようにしましょう。 フェミークリニック渋谷院渋谷院では脱毛の際には患者様の痛みを最小限に抑え、しっかりと効果を出すことができる医療レーザー脱毛をお勧めしております。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-76

call 0120-3888-76

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

渋谷フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内

関東エリア

関西エリア