0120-3888-76

月~土/10:30~20:00

日・祝/10:30~19:00

無料診察・カウンセリング予約

足脱毛

LEG

足脱毛する際に気を付けておきたいこと

足脱毛とは、太ももからひざ・ひざ下(ふくらはぎ)、つま先(足指甲)までの脱毛のことを言います。 ショートパンツやスカートを履く方や、足を出す機会が多い方は頻繁にムダ毛の自己処理を行わないといけませんよね。

しかし、足は面積が広く自己処理も一苦労です。 うっかり剃り残した部分に着替える時に気付いたり、無理に見にくい部分を処理して肌を傷つけてしまったという経験がある方もいらっしゃるでしょう。 ですが、医療レーザー脱毛を使った永久脱毛を行えば、そんな心配はなくなります。 自信を持っていつでも出せる美脚を目指せます。

いつでも自身の持てる足を

足脱毛は、ショートパンツやミニスカートで脚見せファッションを楽しむ人だけのものではありません。 肌荒れが起きてお悩みになっている方や、長年に及ぶ自己処理で、肌が黒ずんでしまって足に自信が持てない方にもオススメです。

また、薄手のストッキングを履いたときや、ひざまでのスカートの裾からチラリと太ももが見えるときも脚のムダ毛は意外と気になるものですよね。足脱毛しておけば、このような「うっかりムダ毛」も防げます。

足のレーザー脱毛

打ちもれを防ぐためにも、足へのレーザー照射の際には少しだけヒザの向きを変えさせていただいたり、曲げていただいたりします。 また、痛みや火傷を最大限に配慮しながら、照射レベルも患者様に合わせて調節して丁寧に照射を行います。

これら全ての対応はスタッフが行います。 患者さまにはご負担をかけることはありませんので、ゆっくりとおくつろぎください。

生理が来た場合

足脱毛は、生理とは無関係な気がするかもしれません。 ですが、生理前からニキビができる、生理中は肌が荒れてしまうなどの肌の変化を感じることがあるかもしれません。 これらは患者様によって個人差がありますが、女性の肌は生理中とてもデリケートになります。 なので生理中の足脱毛は、いつもならあまり感じない痛みを、強く感じてしまうかもしれません。

普段の肌とは違い、デリケートになっていますので、施術の効果が出にくくなる可能性もあります。 VIO脱毛ではなくても、足脱毛も生理中はできるだけ避けることをおすすめいたします。生理が来た際には、できる限り早めにご連絡ください。 早くご連絡していただければ、予約の変更も思い通りにできるかもしれないからです。同じように、生理中もあまり肌荒れなどしない人も予約を入れ直すことをおすすめいたします。もしかしたら、脱毛の効果が出にくくなるかもしれません。また、施術中いつもより痛みを強く感じるかもしれないので生理中は避けてください。

日焼けをしないようにしましょう

黒い肌は健康的ですが、足脱毛する際には日焼けは避けてください。色が濃い部分にレーザーの光が集中します。 肌の色があまり黒くはなければ、毛根部分に光が集中するので問題はありませんが、もしも、日焼けしていたら、肌全体にレーザーの光が集中してしまい、やけどするリスクがあります。

日焼けしてしまった際は肌が落ち着くまでの間、施術は避けておきましょう。レーザーを照射しても問題がない状態になってから再開させていただきます。

施術の痛みとアフターケア

医療レーザー脱毛を行う際に、痛みが気になると思います。 永久脱毛できる医療レーザー脱毛なので、レーザーを照射した箇所に痛みと感じることがあるかもしれません。 ただし、照射する箇所によっては痛みに差は出てきます。 事前のテスト照射で強い痛みを感じたら、その痛みを感じた部位に麻酔クリームを使って施術することも可能です。 痛い時は何度でも伝えていただければ、その部分に麻酔クリームを塗って施術いたします。 足脱毛が終わった後のケアもとても重要です。 レーザーを照射した場所は、とてもデリケートになっています。 なので、アフターケアをしておかないと炎症を引き起こす可能性があります。 そういった症状を避けるために保湿は欠かせません。 レーザーを照射した部位は特に乾燥しやく、保湿しなければどんどんと乾燥が悪化する恐れもあります。 ボディクリームやボディローションなどで保湿しておけば、乾燥を未然に防ぐことができます。 また、肌のターンオーバー整えることも重要です。 ターンオーバーが乱れてしまうと、しわができたり、かさついたりする恐れがあるので注意しましょう。

当日は、脱毛した肌に熱が残っていますので、入浴は避けてください。 シャワーだけなら問題ありませんが、レーザー後は軽いやけどをした状態と同じなので、1日だけ我慢していただければと思います。

まとめ

足はひざから下の部分は比較的にムダ毛が濃くなっています。 それから太ももは産毛が生えていますので、それぞれの部位でレーザーの出力を変えなければなりません。 場所によって痛みの感じ方も変わりますから、テスト照射の時に痛みの感じ方をスタッフに伝えてください。

フェミークリニック渋谷院では痛みや毛の濃さに合わせてレーザー脱毛を行います。 わからないこと不安なことはぜひお聞きしていただければと思います。