0120-3888-76

月~土/10:30~20:00

日・祝/10:30~19:00

無料診察・カウンセリング予約

脱毛の痛みについて

PAIN

医療レーザー脱毛の痛みについて

ムダ毛で悩んでおり、脱毛を受けたいと考えている人もいるでしょう。しかし、脱毛の痛みが心配だという人や肌への負担が気になっているという人もいるかもしれません。ムダ毛をなくして綺麗になるためといっても、刺激に弱い人にとっては気になるポイントです。脱毛の方法や機器によって痛みの感じ方はかなり変わってきます。心配な場合は肌に優しいとされる脱毛方法や機器を選ぶようにしましょう。また、肌への負担を軽減する方法を知っておくことも大切です。

脱毛の方法による痛みの違い

脱毛には光脱毛や医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛などの方法があります。エステサロンでは主に光脱毛を行っていますが、クリニックでは医療レーザー脱毛が主流となっています。クリニックで行われている医療レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛より痛みが強いと言われています。その理由は照射する光の出力が高いためであり、より毛根へ大きなダメージを与えることができるからです。出力が高いと効果も高くなるため、刺激に強い人や短期間で施術を完了させたい人はクリニックに通ってみると良いでしょう。エステサロンの光脱毛では出力の低い機器を使っています。そのため肌への負担も少ないですし、刺激も感じにくいと言われています。ただ、光脱毛は毛根への作用が弱いため、永久脱毛効果を実感することができません。ニードル脱毛はかつて主流だった脱毛方法であり、毛穴に針を刺し込んで電流を流すことでムダ毛を処理する方法です。激しい痛みを伴うことが特徴となっており、現在ではほとんど行われていません。ワックス脱毛は専用のワックスを薄く肌に塗り、シートを貼り一気に剥がすことで脱毛するという方法です。こちらの方法も非常に痛みが強いため、肌が弱い人や痛みに弱い人などは注意が必要です。

部位による痛みの違い

使用する機器の種類だけでなく、施術をする部位によっても感じる痛みは変わってきます。ムダ毛の濃い部分や皮膚の弱い部分ほど刺激を受けやすいことを知っておきましょう。逆に産毛程度しか生えていない部分や皮膚が強い部分はあまり痛みを感じません。全身の中でも痛いと言われているのはワキやデリケートゾーンです。ワキやデリケートゾーンは生えているムダ毛が濃く、メラニン色素も多いので光やレーザーが反応しやすいためです。そのため施術の際への刺激が強くなり、痛みも感じやすくなるということです。特にIラインは皮膚が薄く、刺激を感じやすいのが特徴です。また、色素沈着を起こしやすい部位であることも痛みが強くなる原因です。脱毛はムダ毛が濃い部位の施術が一番痛いと言われています。施術を繰り返すごとにムダ毛が薄く細くなっていくため、刺激も弱まっていくでしょう。綺麗な肌を手に入れたいという場合、痛みと上手く付き合いながら施術を重ねていくことがポイントです。

痛みを軽減するためには

脱毛の痛みを軽減したいと考えている人もいらっしゃるかと思います。医療レーザー脱毛による永久脱毛の効果を得るには、毛根に強いダメージを与える必要があり、その分光脱毛に比べて痛みが強く出る場合があります。 そのため、フェミークリニックでは痛みが苦手な方に対して様々な方法で痛みの軽減を図っております。

①麻酔クリームのご提供

麻酔クリームをご利用されることにより、痛みを軽減することが可能です。