ふくらはぎボトックス 。少しだけ印象を変えたい。でも手術は怖いという方に!

ボトックス注射

脂肪をターゲットとした痩身治療とは別の効果が得られます
ボトックス注射は筋肉の収縮力を弱める作用があり、張りだしたふくらはぎの筋肉に
直接注射をすることで、程よくほっそりとしたラインにすることができます。
ボトックス注射の主な効果・特徴
・発達した筋肉を小さくし足を細くします。
・効果を自覚するまでに約1ヶ月程度かかり、持続は半年前後です。

ふくらはぎボトックスについて

当初ボトックスは眼瞼痙攣の治療薬として開発され、顔面チックや斜視など、筋肉の活動亢進から起こる多くの疾患に用いられています。
美容治療に応用され始めたのは1980年代後半から、2010年現在では83カ国で使用されており、肉体的負担が少なく、安全性の高い治療であることが確立されています。

発達した筋肉による太いふくらはぎにボトックスを投与すると、筋の収縮が減弱し筋肉が委縮、それにより筋肉の減量を行うことができます。
残念ながら脂肪やむくみ・セルライトによる太いふくらはぎには、ボトックス注射は適していません。

細くなる度合いには当然ですが個人差があります。ですが、大体の場合およそ1ヶ月程度経つにつれて足が細くなっていきます。そして、半年前後で効果が消失してしまい、再び筋収縮が行われ元に戻ってしまいます。従って、その効果が切れてしまう前に再度ボトックス注射を打つとキレイな足を保つことができます。運動量にもよりますが、定期的に繰り返し注射することで後戻りしにくくなります。

女性らしくほっそりとした脚のラインにすることが可能な治療法です。
ボトックスはお顔のしわ・たるみ、プチ整形にも使用されます
>>お顔のボトックス治療についてはこちら

厚生労働省で認可を得ている「ボトックスビスタ」を使用

患者さまの安全を第一に考え、厚生労働省より認可を取得している「ボトックスビスタR」のみを使用しています。
現在、日本には、韓国製の「ニューロノックス」、中国製の「BTXA」といった、製品が流通されておりますが、当院では、唯一厚生労働省で認可を得ている「ボトックスビスタR」のみを使用しています。

ボトックス注射の治療案内メニュー

診療のご案内

フェミークリニック総合サイト
クリニック案内 渋谷フェミークリニックの診療時間のご案内
アクセスマップ・交通案内はこちらから
患者さまサポート相談室 モデル・芸能人の来院記 モニター募集
渋谷フェミークリニックのスタッフブログ

渋谷院スタッフがお届けする、医療レーザー脱毛、美容に関する情報ブログ!!

取材・出演情報

当院が雑誌やテレビなどに取り上げられた過去の記事をご紹介いたします。

大学教授および有識者からのコメント
モニター募集
Dr.英美子の美容医療教室
無料カウンセリング予約
無料メール予約
ページトップへ